FC2ブログ
2015年シーズン データ総括1 先制点と勝利・敗戦の関係
CSに出られるかは7日の広島の結果待ちですが、個人的には借金のチームが出ていいのかという疑問があります。
昨日でレギュラーシーズンが終わったので、2015年の総括をデータで見ていきたいと思います。
これまでも何回も載せましたが、先制点と勝利・敗戦の関係です。
先制した試合数は多いのですが、勝利する率が低いのが問題です。
また、先制されると逆転できない試合も多いです。
今シーズンは先制したけれど追加点が入らない、また、先制されると途中で追いつくのが精一杯で結果的に突き放されるという試合が何試合もありました。
結論は単純で、打線の問題です。繋がりのある、得点力がある打線が必須です。
もう一つ、一発のある打者が欲しいですね。
先制点と勝敗の関係を対戦相手別に見ると、読売、広島を相手にした時は悲惨です。
先制されると全くj勝てないと言っていいでしょう。
中日相手では、先制するとほぼ勝ち、先制されても逆転が多いという理想的な形です。
DeNA、ヤクルト相手では、先制しても決して勝率は高くないのですが、先制試合数が多いので帳尻が合っている感じです。

クリックで拡大します。
2015年先制点と勝利敗戦の関係 2015年先制点と勝利率敗戦率の関係
2015年対戦相手別先制点と勝利敗戦の関係

下のアイコンのクリックお願いします。ブログ更新の励みになります!
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ blogram投票ボタン 

    
スポンサーサイト



2015/10/05(Mon) | データ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitakatora.blog.fc2.com/tb.php/907-9d745cd1
前のページ ホームに戻る  次のページ