FC2ブログ
2006年~2019年 チーム打撃成績・優勝チームとの比較2
プロ野球の開幕が最短で6月19日というニュースがありました。
6月19日は私の誕生日なので,是非,この日に開幕して欲しいです。
そして当然,阪神が勝利するという展開で。

今日は2006年~2019年のチーム打撃成績の優勝チームとの比較その2です。
前回と同様に優勝した2005年は除いています。
三振数,四球数,死球数,出塁率,犠打数,併殺打数です。

三振数は全体的に阪神の方が優勝チームより少ないです。
という事は三振の数は,チーム順位とは関係ないということですかね。
そうではなくて,チーム順位は複合的な要因が重なり合っての結果ですから,単純ではないですね。
四球数は多い方がいいのですが,全体的に阪神の方が少ないように見えます。
死球数は多い方がいいのか,少ない方がいいのか,迷いますね。
塁に出られるということを考えれば多い方がいいのでしょうが。
四球と同じように,その後の打者がどうしたかで決まりますからね。
出塁率は当然高い方がいい訳ですが,2008年,2010年,2014年以外は,優勝チームの方が高いです。
特に,2016年~2019年は優勝チームとの差が大きいです。
犠打数はチームの作戦の関係もあるので,一概に多いからいい,少ないから悪いとは言えませんね。
ただ,2016年~2019年は阪神も優勝チームも同じ傾向です。
併殺打数は少ない方がいいのですが,ここ4年は阪神が多いです。
気になります。
今シーズンは阪神が優勝して,優勝チームとの比較ができない年になることを祈っています。

グラフはクリックで拡大します。
阪神_2006年~2019年打撃成績年度推移_優勝チームとの比較_チーム三振数

阪神_2006年~2019年打撃成績年度推移_優勝チームとの比較_チーム四球数

阪神_2006年~2019年打撃成績年度推移_優勝チームとの比較_チーム死球数

阪神_2006年~2019年打撃成績年度推移_優勝チームとの比較_チーム出塁率

阪神_2006年~2019年打撃成績年度推移_優勝チームとの比較_チーム犠打数

阪神_2006年~2019年打撃成績年度推移_優勝チームとの比較_チーム併殺打数

下のアイコンのクリックお願いします。ブログ更新の励みになります!
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
スポンサーサイト



2020/05/09(Sat) | データ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitakatora.blog.fc2.com/tb.php/1959-66d4388b
前のページ ホームに戻る  次のページ