FC2ブログ
1962年・2015年 投手成績比較
今日は、1962年に優勝した時の、村山、小山の両エースと、2015年の藤浪、メッセンジャーの成績比較です。
1962年に優勝した時は、村山、小山が防御率の一位と二位で、一点台という素晴らしい成績でした。
当時と今では投手の起用方法が違うので、単純に比べることはできないですが、登板試合数や投球回数は、今では考えられない数字です。
それでも、毎年20勝以上の徒手がいたのですから、驚きです。
また、完投数の多さも目立ちますね。
勝利数と敗北数の差が村山小山は大きいですね。
三振では藤浪が投球回数よりも奪三振数が多いのが特筆ものですね。
今の投手に1962年のような登板試合数が実現ですることは無いのですが、勝利と敗北の差を広げる、防御率を良くするように頑張って欲しいです。

クリックで拡大します。
1062年・2015年投手成績比較1 1062年・2015年投手成績比較2
1062年・2015年投手成績比較3

下のアイコンのクリックお願いします。ブログ更新の励みになります!
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ blogram投票ボタン 

スポンサーサイト



2016/02/13(Sat) | データ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mitakatora.blog.fc2.com/tb.php/1002-7f14716e
前のページ ホームに戻る  次のページ