2007年6月20日デイリースポーツ 下柳
今日は2007年6月20日のデーリースポーツです。
下柳投手の交流戦4連勝が1面です。
JFK必勝リレーという懐かしい言葉も出てきます。
下柳のような味のある投手が出てきて欲しいです。
また、今年は必勝リレーのパターンを構築できるでしょうか。
今日の日本ハム戦でも打線の調子が良かったようなので、
必勝リレーのパターンができれば貯金も結構できると思うのですが。

クリックで拡大します。
20070620デイリースポーツ下柳

下のアイコンのクリックお願いします。ブログ更新の励みになります!
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ blogram投票ボタン 

スポンサーサイト
2016/02/25(Thu) | 本・雑誌・新聞 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
秋山、横田、その調子でいってくれ! 2006年10月5日 デイリースポーツ 矢野100号
昨日のヤクルトとのオープン戦、秋山と横田が良かったようです。
秋山は久しぶりの好投です。
これまで。期待されながら全く期待外れの成績でしたから、今年こそ先発で頑張って欲しいです。
秋山のこれまでの成績はこちらです。
◎◎秋山3回完璧!江夏氏直伝“心眼”投法◎◎

横田も調子いいですね。
横田のような若者がどんどん出てきてくれないと。
他球団に比べて阪神は若手が育っていないと思う部分があるので。
頑張れ、横田!!
★☆横田が先制V打!実戦4割超で頭角現す☆★

2006年10月5日のデイリースポーツ第2弾です。
矢野バッテリコーチの通算本塁打100号の記事です。
矢野コーチは本当に阪神を支えてくれた捕手でした。
今期はコーチとして支えてくれるでしょう。
クリックで拡大します。
20061005デイリースポーツ矢野100号

下のアイコンのクリックお願いします。ブログ更新の励みになります!
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ blogram投票ボタン 

2016/02/22(Mon) | 本・雑誌・新聞 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
2006年10月5日 デイリースポーツ 球児足裏キャッチ
今日は懐かしい2006年10月5日の、デイリースポーツです。
この年は終盤まで中日を追いかけたのですが、結局優勝できませんでした。
10月5日のデイリースポーツの一面は球児が足裏で打球をキャッチしたものです。
この足裏キャッチは結構話題になり、スポーツニュースでもやっていましたね。
今年は球児はどんな話題を提供してくれるでしょうか。
是非ともいい話題でお願いしたいものです。

クリックで拡大します。
20061005デイリースポーツ__球児足裏キャッチ

下のアイコンのクリックお願いします。ブログ更新の励みになります!
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ blogram投票ボタン 

2016/02/18(Thu) | 本・雑誌・新聞 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Number312 ”松永浩美、優勝請負人の熱き咆哮”
今日もNumber312です。
”松永浩美、優勝請負人の熱き咆哮”というタイトルです。
松永選手、渋い選手でしたね。
この記事は松永選手のトレーの翌年に書かれたものです。
結果的にこの補強もうまくいかなかったです。
昔の阪神のトレードは本当にうまくいかなっかったです。

クリックで拡大します。
Number312松永浩美_1
Number312松永浩美_2

下のアイコンのクリックお願いします。ブログ更新の励みになります!
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ blogram投票ボタン 

2015/12/23(Wed) | 本・雑誌・新聞 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Number312 ”郭季建夫、その右腕に秘められた野望”
Number312 の3回目で、”郭季建夫、その右腕に秘められた野望”というタイトルです。
「郭季建夫」懐かしい名前です。
とても期待していたのですが、外国人枠の問題や、先発か中継ぎか、起用方法が固まらない、体重が増える等で、結局期待外れのまま、日本を去りました。
野球に、もしあれがうまくいっていたら、あのことが無かったらという、仮定の話は禁物なのでしょうが、郭季が活躍していたら、阪神はどうなっていたんだろうと思ってしまいます。

クリックで拡大します。
Number312郭季建夫_1 Number312郭季建夫_2

下のアイコンのクリックお願いします。ブログ更新の励みになります!
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ blogram投票ボタン 

2015/12/21(Mon) | 本・雑誌・新聞 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ