FC2ブログ
2019年投手陣 通算被本塁打9回換算推移  クアラルンプール9
2019年の投手陣の通算被本塁打数を9回当たりに換算した推移です。
先発投手では,西,青柳,ガルシア,高橋遥が少ないです。
秋山も少ないですが,登板試合数が少ないですからね。

中継ぎ・抑え投手では,ドリス,ジョンソンの少なさは驚きですね。
藤川,守屋,島本も少ないですが,二人の前では多く見えてしまいます。
来シーズンも盤石の中継ぎ・抑え投手陣の頑張りが期待できるとして,やはり先発投手陣の駒不足が解消できるかですね。

グラフはクリックで拡大します。
2019年先発投手通算被本塁打9回換算推移1

2019年先発投手通算被本塁打9回換算推移2

2019年先発投手通算被本塁打9回換算推移3

2019年中継ぎ抑え投手通算被本塁打9回換算推移1

2019年中継ぎ抑え投手通算被本塁打9回換算推移2

2019年中継ぎ抑え投手通算被本塁打9回換算推移3

クアラルンプールの写真,その9です。
クアラルンプールも今日で最後です。
ムルデカ・スクエアとその周辺です。
おまけに,伊勢丹の入り口と,10月22日に紹介した,JAPAN FOOD FAIRの写真です。
もう一つ,おまけに空港に向かう電車の中からの夕日の写真です。

写真はクリックで拡大します。
201907クアラルンプール103

201907クアラルンプール104

201907クアラルンプール105

201907クアラルンプール106

201907クアラルンプール107

201907クアラルンプール108

201907クアラルンプール109

201907クアラルンプール110

201907クアラルンプール111

201907クアラルンプール112

201907クアラルンプール113

201907クアラルンプール114

201907クアラルンプール115

201907クアラルンプール116

201907クアラルンプール117

201907クアラルンプール118

201907クアラルンプール119


下のアイコンのクリックお願いします。ブログ更新の励みになります!
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

スポンサーサイト



2019/11/12(Tue) | クアラルンプール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2019年個人三振率推移  クアラルンプール8
久し振りの更新です。

今シーズンの個人三振率の推移です。
7月~9月です。
比較しやすいように,3つのグラフは同じ目盛りです。
糸原と糸井が低いですね。
福留と北條が高いです。
木浪が終盤,高くなってきました。
どちらにしろ,三振は相手のミスを誘うことが難しいですからね。
期待できるのは,パスボールくらいですかね。
理想としては打率が高くて,三振率が低いことですね。
梅野が,今シーズン三振率が2割以下だったのは良かったです。

グラフはクリックで拡大します。
2019年個人三振率推移7月~9月1

2019年個人三振率推移7月~9月2

2019年個人三振率推移7月~9月3

クアラルンプール,その8です。
今日は,国立モスクです。
残念ながら,礼拝の時間帯だったので中には入れませんでした。
外の写真だけですが,とても美しいところでした。

写真はクリックで拡大します。
201907クアラルンプール090

201907クアラルンプール091

201907クアラルンプール092

201907クアラルンプール093

201907クアラルンプール094

201907クアラルンプール095

201907クアラルンプール096

201907クアラルンプール097

201907クアラルンプール098

201907クアラルンプール099

201907クアラルンプール100

201907クアラルンプール101

201907クアラルンプール102

下のアイコンのクリックお願いします。ブログ更新の励みになります!
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

2019/11/10(Sun) | クアラルンプール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2019年投手陣通算与四球9回当たり換算推移  クアラルンプール7
2019年の投手陣の通算与四球を9回当たりに換算した推移です。
ガルシアは,先発に入れました。

先発では西が特に少ないです。2個以下ですからね。
秋山は試合数が少ないですが,2.5個以下ですね。
青柳は終盤増えてきました。
中継ぎ・抑えは全体的に少ないですが,その中でもジョンソン,ドリスは少ないですね。
能見,藤川が多いです。
安打もそうですが,四球もできるだけ減らして欲しいです。
当たり前ですが。

グラフはクリックで拡大します。
2019年先発投手通算与四球9回換算推移1

2019年先発投手通算与四球9回換算推移2

2019年先発投手通算与四球9回換算推移3

2019年中継ぎ抑え投手通算与四球9回換算推移1

2019年中継ぎ抑え投手通算与四球9回換算推移2

2019年中継ぎ抑え投手通算与四球9回換算推移3

クアラルンプール,その7です。
クアラルンプール駅の中と,外からの眺めです。
英国風の趣のある建物です。

写真はクリックで拡大します。
201907クアラルンプール077

201907クアラルンプール078

201907クアラルンプール079

201907クアラルンプール080

201907クアラルンプール081

201907クアラルンプール082

201907クアラルンプール083

201907クアラルンプール084

201907クアラルンプール085

201907クアラルンプール086

201907クアラルンプール087

201907クアラルンプール088

201907クアラルンプール089

下のアイコンのクリックお願いします。ブログ更新の励みになります!
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

2019/11/06(Wed) | クアラルンプール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2019年投手陣通算被安打9回当たり換算推移  クアラルンプール6
首里城が全焼してしまいました。
とても悲しいです。
随分前に家族で沖縄旅行をした時に,首里城にも行き,その美しさに感動したのを覚えています。
早い復元を,心から祈っています。

投手陣の通算被安打を9回当たりに換算した推移です。
ガルシアは終盤は中継ぎでしたが,先発に入れました。
先発では西,メッセンジャーが少ないです。8本台です。
青柳,高橋遥,望月が9本台です。
本音を言えば,もう少し少なくして欲しいです。
中継ぎ・抑えは全体的に少ないですが,中でもジョンソン,ドリス,岩崎,島本,藤川が少ないです。
藤川の少なさは,特筆ものです。

グラフはクリックで拡大します。
2019年先発投手通算被安打9回換算推移1

2019年先発投手通算被安打9回換算推移2

2019年先発投手通算被安打9回換算推移3

2019年中継ぎ抑え投手通算被安打9回換算推移1

2019年中継ぎ抑え投手通算被安打9回換算推移2

2019年中継ぎ抑え投手通算被安打9回換算推移3

クアラルンプールの写真,その6です。
KLタワーは,今日で最後です。
展望台からの眺め,機械類,東京タワーとスカイツリーの写真。
KLタワーの上層部は,5フロアのようです。
展望台以外の各フロアの案内板の写真を撮りました。
次回は,何の写真か,お楽しみに。

写真はクリックで拡大します。
201907クアラルンプール064

201907クアラルンプール065

201907クアラルンプール066

201907クアラルンプール067

201907クアラルンプール068

201907クアラルンプール069

201907クアラルンプール070 201907クアラルンプール071

201907クアラルンプール072 201907クアラルンプール073

201907クアラルンプール074

201907クアラルンプール075

201907クアラルンプール076

下のアイコンのクリックお願いします。ブログ更新の励みになります!
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

2019/10/31(Thu) | クアラルンプール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クアラルンプール5
クアラルンプールの写真,その5です。
今日もKLタワーの展望台からの写真です。
展望台に,ガラス張りの「スカイボックス」がありました。
本当にスリル満点でした。
後,下からのKLタワーの写真もおまけです。

写真はクリックで拡大します。
201907クアラルンプール052

201907クアラルンプール053

201907クアラルンプール054

201907クアラルンプール055

201907クアラルンプール056

201907クアラルンプール057

201907クアラルンプール058

201907クアラルンプール059

201907クアラルンプール060

201907クアラルンプール061

201907クアラルンプール062

201907クアラルンプール063

下のアイコンのクリックお願いします。ブログ更新の励みになります!
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

2019/10/29(Tue) | クアラルンプール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ